【新築の後悔】吹き抜けのある家に1年住んで後悔したことと、吹き抜けリビングの間取りも紹介します!

吹き抜けのあるリビングの新築に住んで1年。ブログをスタートして吹き抜けの間取りや図面を調べて、ブログに訪問してくださる方が多いので、我が家の吹き抜けまくった家に住んでの「後悔」や「成功」したことをブログでご紹介したいと思います。

なぜ、吹き抜けでブログに訪れる人が多いのか・・理由は我が家の「吹き抜けリビングのある間取り」です。

こちらが2階の図面

紫の部分が吹き抜けです。リビングに吹き抜けが2か所もあるという、どんだけ吹き抜け好きなんだという図面・・(笑)

言い訳するわけじゃないんですが・・吹き抜けのある新築を建てたい!という希望は図面を書くまでありませんでした。おしゃれな家にしたいと図面を試行錯誤していたら、吹き抜けだらけの家になったわけで・・

まぁ言い訳はこの辺で。(笑)

我が家のメイン吹き抜けがあるリビングはこちら。

リビングが独立した空間になっていて、リビング全体が吹き抜けになっています。

吹き抜け部分の窓は、計4か所。写真に見える「横長の細窓」「腰壁窓」反対側の吹き抜け部分の窓が「掃き出し窓」になっています。

タイル側の窓も横長の細い窓です。

吹き抜け部分の窓は結構悩んだのですが、吹き抜けリビングの採用のきっかけになった、三井ホームのグリーンズモデルの吹き抜け窓を採用したかったのですが、モデルハウスみたく吹き抜け窓を大きくとると、「夏が暑くて大変」「周りの視界が気になる。」など・・

この吹き抜け窓は現実的じゃないと設計士の先生に言われました。

しかも、勾配天井に沿って窓をカットするので窓だけで100万円くらいだそうです。(泣)この吹き抜け窓素敵すぎます~。

予算も不可能なので先生の言うことを素直に聞き、今の吹き抜け窓で決着。さらに吹き抜けにカーテンがかかると台無しかな。と思い吹き抜けの窓にカーテンがなくてもいいように、曇りガラスを採用!

吹き抜けの窓は、後悔なし!

光が入ってリビングは明るいし、かといって暑い、まぶしいなどは感じません。曇りガラスなので、視界が気になることもなく、カーテンがないので掃除の心配もありません。吹き抜け窓は成功かな~と思ってます。

そしてもう一つの吹き抜けが、リビング背面にあるリビング階段の上が吹き抜けてます。

上からのぞくとこんな感じ。2~3畳くらいの吹き抜けです。

と、こんな感じで吹き抜けまくった我が家ですが、もちろん吹き抜けを採用するにあたって、後悔しないために、後悔や失敗点をブログなどで調べまくり、デメリットを極力なくす努力をして新築に挑みました。

|吹き抜けに後悔しないために行った3つの対策

①吹き抜けの寒さ対策「全館空調」

新築ブログを読み漁り、吹き抜けの後悔で一番多かったのが「寒さ」。わかっていたけど寒い。みたいなブログがほとんどだったので「全館空調」を採用しました。吹き抜けがなかったら、全館空調を採用しなかったと思います。さらに、最終見積の段階まで悩んだのが「床暖房」。これは、予算の関係で断念しましたが、今となってはあってもよかったかな~と少し後悔しています。

②吹き抜けの空気対策「シーリングファン」

吹き抜けがあると、空気の流れが上に行き空調の効きが悪くなるとのことだったので、設計士さんはいらないのでは・・と言っていた「シーリングファン」を採用しました。これは大正解。ファンを回すと、温度が明らかに変わるのが体感できるので、吹き抜けには絶対必要なアイテム!飾りかと思っていたが、実用性が高いです。

③匂い問題「間取り」

吹き抜けの家は、匂いが充満しやすいと後悔ポイントであったので、キッチンガスコンロや、犬トイレの位置や、空気の流れが起きにくい場所にしました。犬のトイレは大丈夫ですが、カレーを作れば2階で気づきます。これは・・失敗?比較できないので失敗かわかりませんが、生活に支障はないのでOkかな?

と・・

考えられる後悔をなるべく回避するべく対策を行いました。が!!それでも吹き抜けを採用した後悔はあります。

|吹き抜けの後悔

①音が響く

1階と2階の声が聞こえる。という後悔は、吹き抜けのデメリットとしてわかっていましたが、そこまで気にならないと判断していました。

が・・吹き抜けは音が反響する。吹き抜けのデメリットを書いたどのブログにもなかった・・・。

1階のリビングでテレビをつけると、音が響いて聞こえずらい。今までの音量にプラス10くらいしないと、何話してるかわからん。でも音をでかくすると2階がうるさい。ってことで、リビングでテレビを見る時は、字幕つけてテレビを見ています・・。

②光が漏れる。

1階でテレビを見ると、2階ホールの壁が光ります。子供にテレビの時間を制限しているので、2階で子供が遊んでいる時にこっそり1階でテレビを見ることができなくなりました。(泣)音と、光問題で、リビングでテレビを見るよりも、携帯でテレビを見る時間のほうが長くなったな・・。

③やっぱり吹き抜けは寒い

吹き抜けの寒さ対策として、全館空調を導入しましたが、やっぱり寒いです。冬にリビングにいる時は、毛布がないと寒い。全館空調で家中は快適ですが、吹き抜けのあるリビングは、冷っとした空気が足元を漂います。暖房対策がない状態での吹き抜けは相当寒いと思います。吹き抜けを採用するなら床暖は必須ですね!!

全館空調があっても、床暖房があっていいと思います!

④将来的な不安

吹き抜けの天井。

あの電気切れたらどうしよう・・。

吹き抜けのシーリングファン

あそこ掃除しないと・・・

吹き抜け窓・・

どうやって窓ガラスきれいにすんだ?

なんとかなるだろう精神で、挑んだ吹き抜け。(笑)吹き抜けの後悔数えだしたら、きりないな~。

|吹き抜けの成功編

吹き抜けは後悔するだろうとわかっていても、それでも吹き抜けを作ってしまうその心・・・やっぱり解放感と、おしゃれ感。モデルハウスのほとんどが吹き抜けだし・・。注文住宅建てたぞ~って感じになるし。

そ。見た目のインパクトは吹き抜けは絶大。家に入った瞬間に「お~~」ってなるのが吹き抜けなんですよね~。

吹き抜けは、無駄だし、コストかかるし、使い勝手が悪いし、後悔する事が多いんだけど、それを超える解放感という魅力がね・・

でも・・

我が家見た目だけじゃない、吹き抜けの実用性の高い成功ポイントを発見しました!

見つけた吹き抜けのメリットはこちら。

あ~あ。吹き抜け台無し。(笑)でも背に腹は代えられない!吹き抜けは洗濯物がよく乾く!!!

シーツの大物を3,4枚洗っても、吹き抜けに干すだけで、半日もしないでシーツが乾くという、まさかの嬉しい事態。吹き抜け2か所だけに、洗濯の干す場所には困りません。

子供が多い家庭は吹き抜けのメリットになるはず?

いろいろ考えたけど、見た目の良さ以外に、洗濯物がよく乾くというメリットしか見つからなかったくらい、吹き抜けってデメリットのほうが多いのか・・・

|で・・結局あんた吹き抜けの家でよかったの?

ブログをここまで読んでいただきましたが、吹き抜けの、後悔多くないですか?と思われたはず。でももし家を建てることがあるなら、今度は玄関を吹き抜けにしようかな~。

・・・と思ってしまった。

ちょっと寒いけど、音が響いてテレビ見づらいけど、維持費かかるけど、掃除どうするか決まってないけど、いい家だな~と自己満足できる家に住みたーーーーい!!

吹き抜け2か所はやりすぎたかな?と後悔する時もあるけど、吹き抜け部分のデザインは、見るたびにニヤニヤできます。吹き抜けは後悔やデメリットばかりだけど、それを上回る満足感があるってことかな~と。

吹き抜けは実用性がないけど、新築はやっぱり夢!吹き抜けを採用したいと思っているなら、私的にはやはり吹き抜けはお勧めです。

でも・・吹き抜けにするなら床暖房は絶対採用をお勧めします!

以上、我が家の吹き抜け事情と後悔ポイントのご紹介でした。

 

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)